nishimurasaketnをフォローしましょう
おすすめ商品






日本酒は冷やしても、常温でも、また温めても美味しく頂ける
世界でも珍しいお酒です。


中でも、温める飲み方は、まさに日本の風土に生まれ、
日本の食文化とともに育まれた独特の飲酒スタイルと言えます。


お燗の習慣は江戸時代中期以降一般的になり、今日まで続いています。
お燗は身体を温める効果のほか、お酒の味わいをまろやかにしてくれます。
さらに、美味しいお燗は料理の味を引き立て、食事を一層楽しくするでしょう。


お燗の良い所は、日本酒の複雑で微妙な持ち味を呼び覚まして、
飲み口をふくらませる事にあります。


昔から、良い酒は『甘・酸・辛・苦・渋』の『五味』が程よく調和しているから
味がまろやかと言われてきました。
日本酒特有の持ち味を十分に味わう方法がお燗をつけることなのです。


『美味しいお燗とは』
お燗のお酒の美味しさは、温度で決まります。
お燗の温度は飲まれる方のお好み次第ですが、一般的には
「人肌燗」〜「上燗」が美味しいとされています。


熱すぎるお燗は、お酒の味と香りのバランスを崩してしまうのでおすすめしません。



【お燗の温度範囲と酒質別適正温度】
 大吟醸   吟醸   純米   本醸造   普通酒 
 飛び切り燗  55℃以上 × × ×
 熱燗 50〜55℃ × ×
 上燗 45〜50℃ ×
 ぬる燗 40〜45℃
 人肌燗 35〜40℃
 日向燗 30〜35℃




※生酒、生原酒の発送につきまして。
5〜10月の間は【クール便=プラス210円】にて発送となります。 品質保持のためどうぞご了承ください。


店舗運営
有限会社西村酒店
日本ソムリエ協会認定
ワインアドバイザー西村孝喜
品質管理に徹底した日本酒をお届けいたします
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
■10月の定休日■
(色の付いている日)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※ご注文は24時間受付ております。 ※当店からのご注文確認メールは休日後、順次対応させて頂きます。